レーザーカッターで出来る事


レーザーカッターってどんなもの? 何ができるの?

そんな疑問にお答えします。

○素材のカット○

カット加工のサンプル
レーザー光で素材を焼き(溶かし)切ります。
木材やアクリルなど、幅広い素材を精密にカットすることができます。

カットにはIllustratorもしくはCorel Drawのパスが必要です。

○素材への彫刻○

PSX_20160721_143142

レーザー光をインクジェットプリンターのように照射することで素材の表面に彫刻を行います。
木材やアクリルをはじめ、一部のアルミや塗装面にも彫刻が可能です。

彫刻はモノクロもしくはグレースケールの画像データがあれば可能です。

画像処理が出来ないという方も、アテンダントがお手伝いします。
パスが製作できない場合も別料金でお手伝い可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

○使用できる素材○

◎=問題なく可能
○=多少焦げる・溶けるが可能
△=臭いがきつい
×=不可
※加工可能なサイズは
立川:740ミリ×420ミリ以内
※カットは厚み5mm程度まで(素材による)
※カット可能な厚みを超える場合は彫刻のみ可能
※凹型のものの底面(内側)への彫刻は、サイズにより出来ない場合があります。
※臭いのきつい素材は、長時間の連続カットは出来ません。
※臭いのきつい素材は排気の関係上、所沢店へのお持込を推奨します。


素材 カット 彫刻
アクリル
木材(天然)
MDF・ベニヤ
革(天然)
コルク
プラスチック
PET
塩ビ × ×
布(天然素材)
(切り口が、天然素材は焦げ、化繊は若干溶けます)

(厚手のもののみ)
アルミ
※アルマイト加工(塗装)してあるもの
×

記載の無い素材についてはお気軽にお問い合わせください。